働き方を変える。生き方が変わる。
私たち ぬちぐすいワンズのスタッフが実践します!

日本クアオルト研究機構の事務局を拝命し、クアオルトの考えを正しく伝えていくために、
私たち自身が「本物」になる必要があります。
最新ドイツ式クアオルト健康ウォ−キングのエッセンスを取り入れ、都市部で実践し、
その効果を体感して公開していく「街なかウォーキングプロジェクト」です!
実践メンバーは、以下のとおり。現状を公開!

❶性別/年齢/BMI値(算出方法は最下部参照) ❷一日の平均運動量(平均歩数/就業時間中のデスクワークの時間/その他決めて行っている運動など) ❸食事 ❹飲酒 ❺喫煙 ❻平均睡眠時間(就寝〜起床) ❼意気込み


大城孝幸
大城孝幸
大城 孝幸
❶男/54歳/23.1(普通体重) 
❷平均歩数:7000歩/デスクワーク:5時間/「街なかウォーキング」を冬の昼間は、20分~30分程度。休日は、10000歩を夫婦でおしゃべりしながら目指す。
❸朝食:7時30分/一汁二菜程度、昼食:13時/忙しいときはサンドイッチ、夕食:21時〜/冬はコンビニおでんが好物 ❹毎日/ビール大瓶1.5本程度 ❺喫煙なし ❻就寝24時〜起床7時/7時間 
『これまでの自分』…3年前、心臓手術を2回して一命をとりとめました。ストレスの連続で毎日暴飲暴食。体重も80キロ後半でした。術後、「自分の人生は有限で不完全だ」と思い知りました。そんな時に、もともとドイツで心臓のリハビリに使われていた「気候性地形療法」に運命的に出逢いました。「がんばらなくてもいい」、しかも運動効果が2倍になる「クアオルト健康ウォーキング」に傾倒しています。
『どんな自分になりたいか?』…パソコンと向き合う時間を減らしていきたい。そのためには、自分の生産能力を上げ、集中力を高める「運動のコツ」を身に着けたい! 普段頑張りすぎているので、メリハリをつけた生活の「質」を変えたいです!!


武藤弘明
武藤弘明
武藤 弘明
❶男/41才/25.7(肥満 1度) 
❷平均歩数:6000歩/デスクワーク:9時間/特になし 
❸朝食:7時頃/和食、パン食半々、昼食:16時頃/おにぎり、パン各1個程度、夕食:22時頃/主菜、副菜2品程度 
❹月に3、4日/晩酌に缶ビール1本程度 ❺喫煙なし ❻就寝:3時頃〜起床6時30分頃/3時間〜3時間半
❼日常的な運動不足を感じてはいるものの、そのための時間をつくるのは後回しとなっています。パソコン作業が長いので、間に休憩をできるだけとるように心がけるものの、難しく感じています。睡眠時間と運動不足の解消が最優先課題。夕食に関しては、早く帰宅するということが1番の解決策かと。


菊池将史
菊池将史
菊池 将史
❶男/35歳/23.5(普通体重)
❷平均歩数:4000歩/デスクワーク:12時間/その他決めて行っている運動など:週末はスポーツジムで水泳1時間程度
❸朝食:食べない、昼食:13時/定食などバランスの良いもの、夕食:24時/コンビニ食や冷凍食品 
❹飲酒なし ❺喫煙:なし ❻就寝3時すぎ〜起床7時半頃/4時間半
❼最近は、社外での打ち合わせは、できる限り徒歩で移動しています。毎日運動することは難しいので、少しでも歩けるように時間をつくりたい!


藤村一惠
藤村一惠
藤村 一惠
❶女/29歳/18.1(低体重)
❷平均歩数:7000歩/デスクワーク:9時間/特になし ❸朝食:7時/バナナ3本、昼食:13時/定食など、夕食:22時/野菜中心(炭水化物はなし)
❹飲酒:付き合いで月に2回程度 ❺喫煙なし ❻平均睡眠時間:就寝1時〜起床6時半/5~6時間程度
❼ダイエットで、数字ばかりにとらわれていた自分。2か月で6キロ痩せたものの、栄養失調で倒れ顎に大きな傷を作ってしまいました。そのうえ、過度な食事制限のせいで、じんましんが出たり、お肌がボロボロになったり…。どんなに痩せても、健康的じゃなければ綺麗にはなれないということがよく分かりました!体重計の差す数字が全てではないんですね。
急激な結果を求めるのではなく、体に無理なく楽しく続けていけることを大切にしたいです。


この4名の実践は「街なかウォーキング」のトピックスで、報告していきます!

※BMI(体格指数)は、肥満の目安となるもので、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で求められます。

18.5未満=低体重
18.5以上〜25未満=普通体重
25以上〜30未満=肥満(1度)
30以上〜35未満=肥満(2度)
35以上〜40未満=肥満(3度)
40以上=肥満(4度)
※BMI35以上=「高度肥満」→診断や治療の対象
(2011年9月/日本肥満学会改訂)