雨の日の街なかウオーキング

IMG_5052ぬち

基本 CMYK

 

「がんばらなくてもていい 街なかウォーキング」とは、
ドイツのクアオルト(療養地)で医療保険の適用となる
「気候性地形療法」
の手法を用いたクアオルト健康ウオーキングです。
普段なかなか運動や健康づくりができないオフィスワーカーのために、
「頑張らない、無理しない。でも心身に良い効果!」を合言葉に
正しく楽しい、クアオルト健康ウォーキングを、名古屋白川公園で
実践しています。

都市で生活していると、野山のある場所に頻繁に行くことは困難です。
そこでクアオルト健康ウオーキングのエッセンスを取り入れたコース・歩き方で
都市部でも日々実践できるように考えられたのが
「がんばらなくてもいい 街なかウォーキング」。

オフィスで座ったままの時間が多い方や外出の少ない方に、
生活習慣病やメンタルヘルス対策にオススメです。

実践中★ ぬちぐすいワンズのスタッフが働き方を変える! → 街なかウォーキング実践プロジェクト

fu

毎日頑張り過ぎているあなたへ 頑張らないのが効果的

頑張らない、自分のペースで楽しく歩き運動効果を上げるドイツ式クアオルト健康ウォーキング。
ドイツでは公的な医療保険の適用を受けています。

身近な場所で、太陽の光、風や水を感じながら、ストレッチしたり、空を見上げたり、木にもたれかかったり、抱きついたり…
歩くことに「クアオルト」の要素を加えることで、よりリフレッシュされ、私たちの心と身体を健康へと導いてくれます。

例えば、私たちは日常生活の中で、アスファルトの道を歩くことが多いですが、砂利の上を歩くだけでも運動負荷が上がり、バランスを取ることがインナーマッスルを鍛えことに繋がります。
将来、寝たきりにならないためにも、普段からバランス感覚を鍛えることは大切であると考えます。

IMG_0995IMG_3625IMG_1399IMG_0933

ドイツでは公的な医療保険が適用されるウォーキングメカニズム

shinpakusu

『がんばらない』で運動のリスクをコントロール!

がんばらないで、楽しく歩くことができる、心拍数の目安。
定期的に心拍数をチェックし、歩くペースを調整。
1分間の心拍数※1は「160マイナス年齢※2」が目安。
自分の限界(最大酸素摂取量)の60%程度の運動を目標にすることで、
運動のリスクが少ないようにコントロールします。

※1 運動直後、15秒間の心拍数を計測し、
4倍して1分間の心拍数を算出します。
※2 血圧降下剤を服用している時は、10〜20%目安を減らします。

2dosageru

『冷たくさらさら』で運動効果を高める!

体表面を平均2℃下げる(全身がちょっと冷たいと感じる程度)
ことによって、通常よりも運動効果が高まります。
がんばらないで、風景を楽しみながら、
仲間とおしゃべりしながら、楽しく歩こう。
体がポカポカと温まってきたら上着を脱ぎ、温度調整。
風にあたったり、うちわで扇いだりして、
体表面を冷たくさらさらに保とう。
水でヒジから下を冷やすのも効果的です。

正しく楽しい、『気候性地形療法』を活用した「街なかウォーキング」のために

こちらは、日本クアオルト研究機構 事務局 ぬちぐすいワンズのオフィスがある、
名古屋市の大須を拠点に作成した、『気候性地形療法』を活用した「街なかウォーキング」のコース例です。

160602_guidemap_白川公園コース_中面CS3

街なかウォーキングの代表的なポイント

最新のドイツ式クアオルト健康ウォーキングでは、いくつかのポイントがあります。
これを意識することによって運動効果が高まり、効率的な健康づくりが可能となります。

特徴

 

 

 

 

 

『気候性地形療法』を活用した「街なかウォーキング」カレンダー

立冬

これまでの開催イベント

IMG_0654IMG_1390歌舞伎

 

ぬちぐすいワンズのスタッフは、
「クアオルト健康ウオーキング 普及員」の資格を取得しております!

日本クアオルト研究所 小関信行所長にご指導いただき、
まず私たちが健康になることから活動をはじめました。

「街なかウォーキングガイド研修」は2015年8月3日に実施、ぬちぐすいワンズのスタッフ全員が『気候性地形療法』を活用した「クアオルト健康ウオーキング 普及員」の資格を取得しております。

街なかウオーキング実践指導者認定証_大城街なかウオーキング実践指導者認定証_尾崎街なかウオーキング実践指導者認定証_菊池
街なかウオーキング実践指導者認定証_藤村
街なかウオーキング普及員修了証_武藤

ラジオ

わたしたちは、日常生活に取り入れやすい「街なかウォーキング」として提供し、
皆様がその心地良さを体感し、健康づくりにつながる日が早くやってきますよう準備を進めて参ります。

特徴2