健康づくりやストレスの軽減を進めるための社会環境をどう整備するかという課題について、
地方自治体、民間企業と協力し、日本に適したクアオルトを広めるために活動しています。

私たちの役割

IMG_3028

 ドイツの事例を基本に、日本の社会や国民性、自然環境に合った日本型クアオルトを広めるために、私たちは、クアオルトの情報提供、健康づくりの公共政策支援、クアオルト構想の策定、気候性地形療法を基本とするクアオルト健康ウオーキングのコースである「クアの道」の調査・設計・施工、クアの道をガイドする人材育成、クアオルトをマネージメントする人材育成、パンフやマップの作成、デザイン指針の策定、温泉活用、炭酸泉の活用、特定保健指導等の運動処方の支援等、地方自治体や企業における健康づくり全般の支援を担っております。

rd_kankei

 先進地のドイツでは、クアオルトのような医療保険が適用になる自然療法やホメオパシー医学、そして現代医学などを選択できる統合医療になっています。クアオルトでは、医療保険が適用される場所なので、専門医や医療機関のほか、様々な施設が必要となっています。これは、ハード・ソフトともに、質の高いものが必要となり、クアオルトを実現するために、建設経費や運営経費も膨大なものになります。
 また、日本の温泉を取り巻く環境もドイツとは異なり、医療保険の適用は受けられません。クアオルトが理想的だとしても、ドイツの仕組みそのままでは、日本の風土や文化、国民性に馴染まない部分が沢山あることになります。
 ドイツを基本としながら、日本の風土や文化、国民性に合わせた健康保養地を整備し、そこで健康づくりのプログラムや仕組みを提供しながら、自治体をあげて健康づくりに取り組める社会環境の整備が必要となります。

 気候性地形療法は、ドイツの気候のクアオルトで活用される、運動負荷が計測された自然の野山を歩いて治療する運動療法です。医療保険が適用される治療の場合は、3週間滞在して治療します。
 特徴は、個人の体力に合わせた運動リスクの少ないウオーキングで、運動負荷を心拍数(脈拍)の測定でコントロールします。

160-年齢

 その目標となる心拍数は、160?年齢で、運動負荷としては55~60%程度となり、全力の半分を少し超えた程度の強さで、苦しさが少ないものです。ただし、血圧降下剤を服用する方は、160?年齢の数値から、10~20%減じた目標としています。

「冷たくさらさら」

 もう一つのポイントは、運動中「やや冷える(運動時の体表面温度が、運動前に比較し平均2度低くなる状態)」と感じる服装で行うと運動効果が高まるという医科学的な根拠(エビデンス)を活用し、汗を上手に揮発させて体表面の温度を下げて、運動することです。暑い場合は、団扇や水を活用して、体表面を強制的にやや冷える状態に誘います。
 ドイツでの適応症は、心臓リハビリ(心筋梗塞や狭心症のリハビリテーション)や高血圧の治療、骨粗しょう症の治療などに利活用され、週4回の気候性地形療法のほか、水中運動やヨガなどの緩和療法も合わせて処方されています。

 アウディの場合は、この気候性地形療法を活用し、健康保険組合の組合員に1週間の健康増進ウイークという健康づくりを提供しています。医師の診断、気候性地形療法のウオーキング、水中運動、リラックスのためのヨガや自律訓練法、食生活の改善指導など、講義と運動などの実技を交え、1週間のスケジュールで生活習慣の改善に取り組んでいます。
 日本における気候性地形療法は、あくまで健康づくりとして実施しています。

クアオルト健康ウオーキング

 気候性地形療法を基本とし、日本の風土や環境、気候、国民性にに適合させた健康づくりの手法がクアオルト健康ウオーキングです。
 山形県上山市では、ドイツの気候性地形療法を学びながら、ドイツのミュンヒェン大学から気候性地形療法コースとして5カ所8コースの認定を得ました。同時に、気候性地形療法を支援し野山をガイドするドイツの気候療法士の資格講習を参考に、日本の野山を気候性地形療法の手法で案内するガイドを養成しました。このガイドを「蔵王テラポイト」と言い、現在70名近くを養成しています。
 上山市を中心に全国で7カ所(青森市浅虫温泉、秋田県三種町、山形県天童市、西川町、石川県珠洲市、岐阜県白川村、大分県由布市)が、気候性地形療法を基本とした運動療法であるクアオルト健康ウオーキングを健康づくりとして実施しています。

kurort_button

私たちの実績

日本でも様々な地域で日本型クアオルトが取り組まれています。

日本型クアオルトは、50年近く前から、有名な由布院温泉のある由布市で取り組まれてきました。このクアオルトのまちづくりが人々に評価されて、現在たくさんの観光客が訪れています。

私たちの主な実績は、以下となります。
・青森県青森市、秋田県三種町、山形県上山市、山形県天童市、山形県西川町、石川県珠洲市、岐阜県白川村、大分県由布市、大分県竹田市、愛知県名古屋市(街なかウオーキング

machinaka_walking

質の高い健康保養地を目指して~日本型クアオルト指標~

日本型クアオルトを目指す日本クアオルト協議会では、質の高い健康保養地を目指すために、日本型のクアオルト指標として、6領域60項目を示し、質の高い滞在型の健康保養地を目指しています。

>> 「日本型クアオルト指標」

日本クアオルト研究所 研究員のご紹介

※平成29年1月10日より株式会社 日本クアオルト研究所に改組・社名変更いたしました。

所長
 小関 信行 (クアオルト学・気候性地形療法 芸術工学博士)

会長
 伊藤 直人 (企業・健康経営領域)

クリエーティブ顧問
 萩原 高  (市場導入領域)

主席研究員
 浦川 豊彦(温泉領域 医学博士):所長代理
 竹村 洋美(運動生理・健康づくり領域 健康運動指導士)
 石井 隆 (観光・公共政策領域 ドイツ気候療法士)
 角田 篤泰(デジタル・イノベーション領域 工学博士)

主任研究員
 大城 孝幸 (クアオルトマネージメント領域)
 尾崎 奈緒美(クアオルトプロモーション領域)
 菊池 将史 (気候性地形療法によるクアの道・人材育成・HP領域)
 鷲見 暁  (クアオルトビジネス領域 中小企業診断士)

研究員
 藤村 一恵(コミュニケーション・メンタルヘルス領域)
 武藤 弘明(映像・人材育成領域)

お知らせ

2016.4.1日本クアオルト研究所の設立

2016.4.15秋田県三種町 クアの道コース調査

環境省が認定した“快水浴場百選”に選ばれた釜谷浜周辺のコース調査を行いました。

2016.5.12名古屋市 白川公園「街なかウオーキング」with 太陽生命

太陽生命の皆様に都市型のクアオルト健康ウオーキングである「街なかウオーキング」を体験していただきました。

2016.5.15トヨタ白川郷自然學校にてコース調査・ガイド研修

世界遺産白川郷内にあるトヨタ白川郷自然學校にて、クアの道のコース調査とクアオルト健康ウオーキング普及員研修を行いました。

2016.6.14トヨタ白川郷自然學校にてクアオルト健康ウオーキング実践指導者講習

コースを案内するインタプリターの皆様に「クアオルト健康ウオーキング実践指導者」の資格講習を行いました。

2016.6.15白川村 村民を対象とした「クアオルト健康ウオーキング」体験イベント開催

白川村村民課Xトヨタ白川郷自然學校X濁河温泉高原スポリクセンターX日本クアオルト研究所のコラボレーション。
健康という視点から環境保全を考えました。
保健師、管理栄養士、健康運動指導士、そして環境教育のインタープリターの皆さまとの連携は、村民の方々から大きな支持をいただきました。

2016.6.26秋田県三種町「クアの道(健康の道)認定記念ウオーキングイベント開催

全国で7番目となる『琴丘クアの古道コース』と『森岳温泉石倉山コース』の2カ所4コースが「クアの道」の認定となりました。
三種町クアオルト研究会の5名の方が蔵王テラポイトの資格を授与されました。
認定記念として三種町民の皆様と体験ウオーキングイベントも同日に開催いたしました。

2016.7.2炭酸泉研究の第一人者である浦川豊彦氏が「炭酸水活用セミナー」を講演

7月2日(土)大分県大分市 宗麟館中小ホールにて炭酸泉研究の第一人者である浦川豊彦氏が「ヨーロッパから学ぶ 浸って良し、飲んで良しの炭酸泉」をテーマに具体的な炭酸水の活用事例などをご紹介いたしました。

2016.7.5太陽生命「太陽の元気プロジェクト」にクアオルト健康ウオーキングが採用

大手生命保険会社・太陽生命が『健康寿命の延伸』という社会的課題にこたえるために、「従業員」「お客様」「社会」のすべてを元気にする取組み、「太陽の元気プロジェクト」において、「従業員」の元気のために、クアオルト健康ウオーキングを採用。
https://www.taiyo-seimei.co.jp/company/notice/download/press_article/h28/280705_1.pdf

2016.7.21「太陽生命 くつきの森林」のコース調査

管理されるNPO法人麻生里山センターのスタッフの方々の温かな御案内でGPS調査させて頂きました。

2016.8.31クアオルト健康ウオーキングを太陽生命がプレスリリース

「従業員」「お客様」「社会」を元気 にする取り組み「太陽の元気プロジェクト」の活動の中で、「従業員」の健康増進を目的に「太陽生命 くつきの森林」で「クアオルト健康ウォーキング」を実施することがプレスリリースされました。
https://www.taiyo-seimei.co.jp/company/notice/download/press_article/h28/280831_1.pdf

2016.9.3「太陽生命くつきの森林 」でクアオルト健康ウオーキングを実施

「太陽生命くつきの森林 も り 」(滋賀県 高島市)において、職員の皆様に向けて、クアオルト健康ウオーキングを体験していただきました。

2016.9.25第71回日本体力医学会大会で「クアオルト健康ウオーキング」のシンポジウム開催

日本体力医学会は体力医学の分野では日本で最大の学術団体。「気候性地形療法を基本にした『クアオルト健康ウオーキング』の過去・現在・未来」をテーマにシンポジウムが開催された。日本クアオルト研究機構からは、座長として坂本静男 会長、小関信行 事務局長が出席。札幌市立大の町田佳世子 氏から「上山市クアオルト健康ウオーキングの心理的効果に関する研究」、早稲田大学スポーツ科学学術院の小西真幸 氏から「皮膚温の2℃低下に着目した生理・生化学的な検討―実験室および現地調査の報告―」が発表された。昨年、和歌山で開催された学会に続き、2年連続で「クアオルト」をテーマにしたシンポジウム。しかも昨年より30分長い90分拡大枠でのシンポジウムは、実に意義深い内容でした。

2016.10.2白川村主催、トヨタ白川郷自然學校のコースで「クアオルト健康ウオーキング」開催

世界遺産・白川郷(白川村)において、村民の健康寿命延伸のために、2回目の「クアオルト健康ウオーキング」が白川村主催で開催されました。白川村から、保健師の方と管理栄養士の方が参加。ウオーキング前の健康チェックでは、血圧を測りながら、保健指導をしてきました。また保健師の方には、一緒にウオーキングに参加。特定保健指導が必要な方などを、注意深く見守っていただきました。

2016.10.26「日経 新シニアライフデザイン研究会」で小関所長 登壇

講演のテーマは「クアオルト~地方コミュニティで生きる新しいシニアのライフスタイル」。アラ☆ダン研究所の新村所長をオーガナイザーに、JTB総合研究所の早野主任研究員と小関所長とで活発なディスカッションが展開されました。

2016.11.4「太陽生命クアオルト健康ウオーキングアワード2016」を開催

大手生命保険会社・太陽生命は「健康寿命延伸」に向け、「クアオルト 健康ウオーキング」の導入を目指す自治体を全国より公募し、受賞した自治体に対して、その地域における新しいウオーキングコース整備・専任ガイド育成費用等の支援を行うことを発表。その運営を弊社が担当することに。
https://www.taiyo-seimei.co.jp/company/notice/download/press_article/h28/281104.pdf

2016.11.14山形県上山市で、「日本クアオルト研究所」強化合宿

2016.11.11秋田県三種町で、三浦町長を交えて来年度の事業展開打合せ

2016.12.16経産省主催 地域ヘルスケアビジネス創出支援人材育成プログラムで発表

成長戦略の一環として経済産業省が実施する「平成28年度健 康寿命延伸産業創出推進事業」において実施されるプログラムに鷲見主任研究員が参加。次世代ヘルスケアビジネスの創出のために、クアオルト健康ウオーキングの都市型版「街なかウオーキング」のビジネスモデルを発表しました。

2016.12.22静岡県川根本町でクアオルト健康ウオーキングのコース調査 及び講演

2017.1.10「有限会社ぬちぐすいワンズ」を「株式会社日本クアオルト研究所」に社名変更

健康寿命延伸に寄与する日本型クアオルトの形成に関わる事業を主とするために、株式会社日本クアオルト研究所」に改組・社名変更する運びになりました。旧来の「有限会社ぬちぐすいワンズ」の業務は、事業部として、継続してまいります。今後一層社員一同誠心誠意努力し社会の健康増進に少しでも寄与できるように努力いたします。

テレビ・新聞取材実績

2013年9月27日 あさイチ(NHK)
2014年6月23日 サキどり↑(NHK)
2015年5月25日 ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)
2015年9月8日  おはよう日本 けんコン(NHK)

Print Print

news20150416_topic_02

news20150416_topic_01

クアの道認定20160626

秋田新聞_クアの道認定_20160626

雑誌掲載

2016.2
日本温泉協会 季刊誌『温泉』特集「温泉で健康増進」に寄稿

 

2015.7
JR東日本が発行する新幹線車内サービス誌「感じる旅、考える旅。トランヴェール」掲載

 

講演実績

2016.7.22
青森中央学院大学にて学生を対象にクアオルト(ドイツ式健康ウォーキング)ガイドサポーター研修会開催

 

2016.3.13
地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)
「クアオルト推進シンポジウム」基調講演

 

2016.2.18 岐阜県白川村
健康増進の事例勉強会 講演

 

2015.11.14 山形県上山市
平成27年度臨床精神科作業療法研究会研修会
「ウォ―キングとリハビリテーションを考える」講演

 

2015.10.22-23
第54回公務能率研究会議
「日本型クアオルト(健康保養地)で健康寿命延伸と地域振興」講演

 

2015.9.18-20 和歌山県
第70回日本体力医学会大会
「ドイツの健康保養地(クアオルト)と国内での健康保養地構想」

 

2015.9.9 天童市
日本温泉科学会第68回大会
「日独のクアオルトと気候性地形療法」講演

 

2015.6.24 神戸市
六甲健康保養地研究会
「日本型クオアルトによる健康保養地のまちづくり ドイツの現状とかみのやまの取り組み事例」講演

 

2015.6.20 青森市
NPO法人日本ヨガ連盟主催
「日本におけるクアオルト構想~そこで取り組む健康づくりとは~」講演

 

2015.4.14 岐阜県下呂市小坂町
「本物の炭酸泉でまちおこし」講演

 

各種お問い合わせ